不動産の売却と不動産会社選び

不動産会社選びが重要

不動産を売却したいと思うなら、不動産会社選びが重要です。
どこの不動産会社に売却依頼をするかで、早く売れるか高く売れるかも決まってきます。

適当な不動産会社に依頼すると、売れる物も売れなくなり、いつまでたっても買い手が付かない物件となるかもしれません。
そこで不動産会社の選び方としては、以下のようなポイントに沿って選ぶべきです。

不動産会社の選び方

・得意エリアはどこか

まずはその不動産会社の得意エリアはどこかを見ます。
どの不動産会社でも、得意とするエリアがありますので、売却を予定しているエリアを得意としている不動産会社を選ぶべきです。

あた、年間の取引実績と平均売却期間も見ておきましょう。
具体的な取引実績はどれぐらいあるのか、売りに出してからの買い手が付くまでどれぐらいか、成約率も見ておきましょう。
当然のことながら、これらの成績が優れた不動産会社の方が、あなたの物件も早く売れる可能性があります。

・売り以外の方法も聞いてみる

もしも余裕があるなら、貸した場合は売った方が特なのか?リフォームして売るべきなのか?も聞いてみましょう。
貸す場合は、いくらぐらいの費用が必要か、家賃収入はどれぐらいか、修繕費はどれぐらいかなどを聞きます。

貸す場合とリフォームする場合を聞いて、適切に答えて具体的な提案をしてくれるような不動産会社を選ぶのが良いです。
逆に曖昧に答えたり、はぐらかされたりする不動産会社には、依頼しない方がいいでしょう。

・売却をスムーズに行えるか

売却でして新しい物件を購入しようと、資金面で不安があるならファイナンシャルプランナーに、相続などの税金面なら税理士など、住宅ローンが残った状態で売却を考えるなら任意売却アドバイザーの資格を持っている人に相談すると、スムーズに事が運びます。

もしもこのような相談をしたいなら、そのような人材のいる不動産会社または、そのような人材を紹介してくれるような不動産会社を選ぶと良いです。

ただし住宅ローンを完済していない場合は、十分に対応できない不動産会社が多いです。
専門のところに相談した方が良いです。

・見込み客がいるか

不動産会社の営業マンには、購入希望者を抱えているような営業マンもいます。
そのような人に常に物件を紹介して、購入しないか勧めるような場合もあります。

このような見込み客を抱えている営業マンがいるなら、売却したい物件は売れやすいはずです。
見込み客の情報は出来れば聞いておきたいところです。

また不動産を購入希望する人は、その物件から半径2km以内の人だと言われています。
売却物件があるエリアに、どれぐらいの購入希望者がいるかも、営業マンに聞いておくと良いでしょう。

Comments are closed.