新たな不動産投資?シェアハウス経営の魅力

シェアハウスとは

シェアハウスとは、複数の入居者が物件のそれぞれの部屋を使用し、キッチンや風呂やトイレ等を共有する物件です。トイレ
普通の賃貸物件とは違い、共同住宅と言ってもいいでしょうか。

複数の入居者から家賃を得られるために収益が確保しやすく、最近人気のある物件でもあります。

空室率を抑えることが出来、安い家賃を求めたり寝るだけのスペースが欲しい人など、様々なニーズに応えられます。
また全ての部屋を貸し出すのではなく、一つの部屋はオーナー用にするという使いかたも出来ます。

しかし管理ノウハウが必要、入居者同士で喧嘩が起きやすい、家具などの設備のメンテナンス費用がかかるということがあります。

シェアハウスの運営方法

シェアハウスを運営するには、運営用の物件がなければいけません。
物件を用意した上で考えることは以下のことです。

まずはどのようなターゲットを入居者として集めるか決めます。
家賃を安くして格安物件を求めている人なのか、設備を充実させて一時的に借りる人を募集するのかなどを決めます。

そしてコンセプトを決めたなら、必要な部分は改築します。
各部屋にベッドやテレビや家具などは用意しないといけませんので、それらの設置費用はかかります。

家賃決定や改装などが出来たら、今度はシェアハウス用の募集ポータルサイトで募集します。
入居募集者が集まりますので、必ず入居希望者と面談はした方が良いです。

また募集するときは、どのようなコンセプトなのかもしっかりと書いて募集しないと、なかなか人は集まりません。
そして入居者が決まったら、いよいよシェアハウス経営開始です。

参考 : https://owner.oakhouse.jp

シェアハウスを運営するなら、自分の持っている物件を改装する方法もありますが、多いのは中古物件を購入して、それを改装してシェアハウスにする方法です。

物件情報サイトなどで、一棟の中古物件を探すと良いです。

シェアハウス運営のポイント

シェアハウスを経営すれば、色々な人が同じ屋根の下で生活することとなります。
このために、住人のコミュニティが出来ますので、一緒にわいわい楽しんだり、逆に色々注文を付けられて大変なこともあります。

必ず住む人にどのようなライフスタイルを提供したいか、そしてそのライフスタイルに共感してくれる人を募集することです。
そのようなライフスタイルに共感してくれる人を募集すると、同じ価値を共有できて楽しいです。

シェアハウスというのは物件を用意して、中さえ改装すれば誰でも経営開始は出来ますが、通常の賃貸物件とは違う形式の物件となりますので、その通常の賃貸物件と違うような問題も発生し、それに対応しないといけません。

Comments are closed.