不動産の購入と不動産会社選び

不動産会社も様々

物件を購入するときは不動産にお世話になることも多いです。
しかし世の中には沢山不動産があり、良心的に対応してくれる不動産や、逆に少しでも多くのお金を取ろうとするような不動産もあります。

このために物件購入でお世話になる不動産の選び方はとても重要です。

基本的に宅地建物取引業取得や宅地建物取引業者名簿を見て、どのような不動産かは基本的なことと言えるでしょう。
不動産でも個人で営んでいるところから、全国にあるようなチェーン店まであります。

個人店は、不動産の社長が直々に対応してくれたりすることがあり、チェーン店なら全国のネットワークを使って、豊富な物件から希望のところを探してくれるというメリットがあります。
しかし不動産を選ぶときの基準はこれだけではありません。

不動産について

購入する物件でも窓口が違い、新築マンションなら開発会社、新築一戸建てなら工務店や仲介会社、中古物件なら仲介会社を通すこととなります。

また物件を探す場合は、不動産を訪れて探すことになるでしょう。
不動産でもいろいろな会社があります。

不動産でも物件数地域No1などと掲げている会社がありますが、これは他社の物件を共有して扱っている場合が多いです。
逆に老舗の不動産などだとこのような謳い文句を使うような会社は少ないです。

仲介手数料を半額などと値引きして宣伝している不動産もありますが、これは良心から値引きしているのではなく、値引き分は売り手から広告料として支払われるようになっています。

このために仲介手数料を値引きできるのですが、仲介手数料を値引きしてもらうなら、このような物件しか紹介されずに、選択の幅を狭めることになります。

駅前や大きなビルなどに入っている不動産は、高いテナント料を支払っている場合が多いです。
このために、社員にもノルマを課している場合が多く、お客さんの希望よりも出来るだけ売ろうと親身になってくれない場合が多いです。

自分の希望よりも、不動産の希望する物件を優先的に紹介されることも多いので、あまりおすすめできません。
また安い物件多数!どんな物件もあります!などとの広告を出している不動産は、ただ客寄せのために言うだけであり、物件数が少なかったりすることもあります。

不動産選びはこのようなことを参考にすると良いですが、物件を探すなら出来るだけ多くの物件を見るべきであり、住宅情報サイトなどを大いに活用すると良いでしょう。

どうしても気に入った物件があるなら、不動産と上手に交渉するようにすべきです。
あまり早々と物件を決めて不動産にあたると後悔することも多いんで、不動産や物件選びは時間をかけてじっくりと行うべきでしょう。

Comments are closed.